*

湿疹

赤ちゃんのあせもを予防するために

暑い時期に赤ちゃんはたくさんの汗をかきます。

 

赤ちゃんにも大人と同じように200万~250万個程の汗腺があります。気温や湿度が上昇し体温が上がった場合大人は発汗し、さらに自律神経の機能も働く事で体温を下げようとしますが、赤ちゃんは発汗でしか体温を下げる事が出来ません。

 

その為に大人の2~3倍も汗をかくのです。

この大量にかく汗が原因で汗腺がつまり、汗を出したくても出せない状態になると中に汗が溜まり汗腺部分に炎症が起きます。これがあせもです。

 

特にあせもができやすいのは、おでこ、顔、頭、首の周り、わきの下、背中、手足のくびれなどです。

では、あせもができたらどのように対処したら良いのでしょうか。

 

基本的には汗腺の出口をふさがないように肌を清潔にしておくことです。汗をかいたらこまめに着替える、シャワーをあびるなどが効果的です。お散歩の後やお昼寝の後など夏であれば何回浴びても問題ありません。

 

また、皮膚を清潔に保つ為に1日1回石鹸で洗いましょう。もちろん顔も石鹸で洗います。

 

泡で優しく洗い、よく洗い流しましょう。石鹸の成分が残っていると、別の炎症を引き起こす事がありますのでよく流して下さい。。

 

顔を流す時は、目、鼻、口などに入らないよう手でお湯をすくってかけてあげると良いでしょう。

 

少しの工夫であせもは治ります。赤ちゃんにあせもが出来てもあせらず、お家でケアしてあげましょう。

 

あせもといえば、汗をたくさんかく夏場などの暑い時期にできてしまう印象が強いかもしれませんが、赤ちゃんは大人と比べるとたくさんの汗をかいていますし、夏場以外でも汗をたくさんかくことであせもができてしまう場合があります。

 

そのため、赤ちゃんのあせもを予防するためには、汗をたくさんかきやすい暑い時期以外にも一年中注意が必要ですし、冬などの寒い時期では赤ちゃんの服装などにも注意が必要です。

 

寒い時期の外での寒さ対策としては、赤ちゃんに普段よりも一枚多く着させるなどの厚着をすることは有効です。

しかし、寒い時期でも外から暖房がきいている室内に入ってしまうと温度差などによって汗をたくさんかいてしまう場合があります。

 

そして、赤ちゃんにとっておむつなどは熱がこもりやすい場所ですし、熱などによってムシムシしている状態が長く続いてしまうとあせもが出来やすくなってしまうのでより注意が必要です。

 

そのため、あせもを予防するためにも赤ちゃんが汗をかいた際には速やかに汗をちゃんと拭きとってあげることが必要ですし、冬などの寒い時期などには赤ちゃんの熱がこもりにくいように服装などを工夫して体温調節しやすいようにすることが大切です。乳児湿疹におすすめのファムズベビー