*

2017年9月

赤ちゃんのあせもを予防するために

暑い時期に赤ちゃんはたくさんの汗をかきます。

 

赤ちゃんにも大人と同じように200万~250万個程の汗腺があります。気温や湿度が上昇し体温が上がった場合大人は発汗し、さらに自律神経の機能も働く事で体温を下げようとしますが、赤ちゃんは発汗でしか体温を下げる事が出来ません。

 

その為に大人の2~3倍も汗をかくのです。

この大量にかく汗が原因で汗腺がつまり、汗を出したくても出せない状態になると中に汗が溜まり汗腺部分に炎症が起きます。これがあせもです。

 

特にあせもができやすいのは、おでこ、顔、頭、首の周り、わきの下、背中、手足のくびれなどです。

では、あせもができたらどのように対処したら良いのでしょうか。

 

基本的には汗腺の出口をふさがないように肌を清潔にしておくことです。汗をかいたらこまめに着替える、シャワーをあびるなどが効果的です。お散歩の後やお昼寝の後など夏であれば何回浴びても問題ありません。

 

また、皮膚を清潔に保つ為に1日1回石鹸で洗いましょう。もちろん顔も石鹸で洗います。

 

泡で優しく洗い、よく洗い流しましょう。石鹸の成分が残っていると、別の炎症を引き起こす事がありますのでよく流して下さい。。

 

顔を流す時は、目、鼻、口などに入らないよう手でお湯をすくってかけてあげると良いでしょう。

 

少しの工夫であせもは治ります。赤ちゃんにあせもが出来てもあせらず、お家でケアしてあげましょう。

 

あせもといえば、汗をたくさんかく夏場などの暑い時期にできてしまう印象が強いかもしれませんが、赤ちゃんは大人と比べるとたくさんの汗をかいていますし、夏場以外でも汗をたくさんかくことであせもができてしまう場合があります。

 

そのため、赤ちゃんのあせもを予防するためには、汗をたくさんかきやすい暑い時期以外にも一年中注意が必要ですし、冬などの寒い時期では赤ちゃんの服装などにも注意が必要です。

 

寒い時期の外での寒さ対策としては、赤ちゃんに普段よりも一枚多く着させるなどの厚着をすることは有効です。

しかし、寒い時期でも外から暖房がきいている室内に入ってしまうと温度差などによって汗をたくさんかいてしまう場合があります。

 

そして、赤ちゃんにとっておむつなどは熱がこもりやすい場所ですし、熱などによってムシムシしている状態が長く続いてしまうとあせもが出来やすくなってしまうのでより注意が必要です。

 

そのため、あせもを予防するためにも赤ちゃんが汗をかいた際には速やかに汗をちゃんと拭きとってあげることが必要ですし、冬などの寒い時期などには赤ちゃんの熱がこもりにくいように服装などを工夫して体温調節しやすいようにすることが大切です。乳児湿疹におすすめのファムズベビー

 

 


酵素ダイエットでむくみも解消

若い人は体をよく使いエネルギーの消費も高いためカロリーが高いものをよく食べていてもカロリーを消費できます。

しかしながら舌の好みは何年たってもあまり変わらないので中年期を過ぎても同じ様にずっと食べ続けていると、肥満と連動して糖尿病を発症する悲劇が起こります。

 

 

 

コラーゲンは人間の体内に最も多く存在するたんぱく質で、皮膚のすみずみまで栄養や酸素を供給します。コラーゲンには弾力があり、肌にハリをもたらします。

体内合成されるものですのでコラーゲンが豊富だからと積極的に食べたとしてもそれだけで効果が現れるわけではありません。ビタミンCと同時に良質なたんぱく質を一緒に摂ることが大切です。カリウムには体内のいらない水分を排出させることができます。ナトリウムは水分を満たすのに対して、真逆な働きをするのはカリウムです。

 

 

塩分や水分の摂取過剰でむくみが発症している時は、カリウムを利用することで改善がみられます。

 

 

 

最近の食事は、塩分過剰になる傾向がありますが、意識的にカリウムを多めに摂取する必要があります。

 

 

 

体動かしたりエクササイズする時はエネルギーを必要としますが、筋肉は血糖を使ってエネルギーに変換します。

 

 

だから運動には血糖値を下げる効果があります。

ですが、運動不足の状態では消費エネルギーが少なくなるので毎度エネルギーが過剰になります。

 

インスリンの分泌が非常に増加し膵臓がオーバーヒートしてしまいます。アルコールを摂取したら、血管拡張に伴い血液内の水分が血管外に出ていくのです。

 

 

その水分が、嫌なむくみの原因となっていますが、水分が血中から減少し続けると脳が脱水状態だと誤差してしまい喉に渇きをもたらします。そして水分を取り入れてお酒を飲むと水分が血管外にの繰り返しを悪循環をさらに悪くしむくみの症状が悪くでます。ミネラルである鉄は血液中の赤血球を作ります。赤血球の構成成分であるヘモグロビンを作りだし、また酸素を全身の細胞に運搬する役割をはたしています。

 

鉄分が一定量ないと、酸素が全身に運ばれなくなるため、顔色が悪くなったり、貧血症状のめまいや立ちくらみになることがあります。鉄分が多い食品としてレバーが一番優秀です。月経の前になると血糖値を低下させるために用いられるインスリンの作用が弱くなり血糖値が高くなります。

 

 

 

このような状態におかれると、体が血糖を下げようと力を出し過ぎてしまい意外にも血糖が下がり過ぎてしまいます。こうした状況下での低血糖によって、PMSを引き起こすようだと言われています。

 

酵素ダイエットはその効果の高さで知られ、それではどういった効果があるのか見ていきますと、便秘の解消、美肌効果アップ、それから健康体になることができるというものです。便秘が治ると、体重は減り、見た目にもすっきりし、皮膚の代謝がスムーズに進んで美肌になることが期待できます。

体に不要な老廃物は溜めこむと悪い影響がありますから、どんどんこれらを出せるようになっていき、みるみる健康的になれるはずです。

 

 

 

要するに、健康的な減量が実現できて、減量しても体にダメージはなくむしろ健康になるのが、酵素ダイエットの真価というものです。アンセリンのサプリのランキングこちら